アカシックレコードに繋がり情報を得よう

スピリチュアルカウンセラー・ヒーラー

アカシックレコードは、ありとあらゆる情報の宝庫です

もう知っている人も多いと思いますが、
アカシックレコードには、
すべての情報(過去・現在・未来)
が残されています。

その情報は、自分のことだけでなく、
家族や、クライアントさんの情報も
そして、大切なペットについても

そのアカシックレコードに
記憶されているのです。

もちろん、人に限らず、
宇宙の成り立ちもすべて
アカシックレコードに
残されています。

アカシックレコードは、

よく膨大な図書館だとか、
巨大なデータベースの
ようだとか
形容されるように

ものすごい大量のデータが
アカシックレコードに
存在しるため、
始めてリーディングする
生徒さんは、

「情報が降って来る・・・・」
というようなことを
おっしゃる生徒さんもいます。

とにかく、
その膨大な情報に
圧倒される人が多いのです。

ただし、
アカシックレコードは、
流動的な層なので、
未来も変化しやすいです。

アカシックレコードから、どういった情報を得られるの?

先ほど書いたように、
過去・現在・未来の
人や、物、動物
など・・・

だけではなく、

宇宙の成り立ちや
銀河系で起こった
出来事、

そして地球上での
古代文明の
成り立ちなども
知ることができるのです。

さらに、

感情的なことや、
魂の方向性(目的)

そして

今抱えている
問題の解決方法も
知ることができるのです。

例えば、
なぜかピリピリした
気持ちになる
親子関係の問題は、
今世での出来事だけが
関係しているわけでは
ない・・・ことも多いです。

このような場合は、
アカシックレコードで
そのピリピリが発生した時点の記憶を
確認していくことで、
心がスッキリすることも多くなります。

アカシックレコードリーディングで心が楽になる

自分では、原因がわからないことも、
アカシックレコードに
その原因が記されている・・・

だけでなく、

なぜそういう原因を作ってしまったのか・・・
ということも
わかってしまうからなのです。

自分が悩んでいる問題の
原因がわかるだけでなく、

どのように
解決していけばいいのかも
ハッキリしてくると、
スーっと、心がとても楽になるからです。

アカシックレコードリーディングで心が癒される

また、
アカシックレコードリーディングをすることで、
過去生での
体験を感じることによって、
その当時の自分の
感情をしっかりと感じることで、
涙が流れ、

その涙とともに、
心も癒され、解放されるのです。

わたしの生徒さんが、アカシックレコード
リーディングについて書いたブログです。

アカシックレコードを
学んだ生徒さんのほとんどは、
その体験を感じることで、
涙を流して深い感動を
覚えています。

これは、
自分の過去生の記憶を
リーディングし、感じることで、
その感情を思い出し、

その感情を体験し、癒されるのです。

アカシックレコードリーディングに繋がる方法

基本的に、
私たちは、アカシックレコードに
繋がって生きています。
自然と、そのアカシックレコードの
情報をダウンロードして
いるのですが、

人によっては、繋がっていることを
認識できていない人の方が
多い・・・ということ

だけでなく、

繋がっていても、
どうやって、自分が知りたい
情報を得ていけばいいのか
わからない・・・場合が
多いのです。

自分で情報を得られる人は、
瞑想を使って
アカシックレコードの情報を
得ている人は多いと思います。

わたしの場合は、
とても優秀な
アカシックレコードガイドに
依頼して、
生徒さんのリーディングの
手助けをしてもらっています。

アカシックレコードの膨大な情報はリーディングできるの?

人によっては、
アカシックレコードの
情報の多さに
何からリーディングしていいのか
わからなくなる人も、
どこの部分に
自分が欲しい情報があるのか
わからないという人もいます。

わたしの生徒さんの場合は、
先ほど、書いた
アカシックレコードガイドが、
生徒さん達のリーディングの
お手伝いをしてくれるので、
本当に欲しい、必要な情報を
伝えてくれるようになっています。

最初は、どうやって
リーディングしていいのか
戸惑う場合もありますが、
ガイドがしっかりと
サポートしてくれるので、
確実にリーディングを
することができるようになっています。

アカシックレコードリーディング

LUMINOUSヒーリングスクール

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

MAKI

MAKI

こんにちは。LUMINOUS ヒーリングスクール MAKI です。サロンを始めて10年。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP